ニキビの根本的な原因を知る!

母親がすごくニキビ肌で、私も中学時代からニキビに悩み、大人になった現状でも、すぐにニキビができるので、顔のお手入れは注意してやっています。そして、三歳になる娘もすでに毛穴に角質がつまり始めています。痛ましいことに間違いなくニキビができやすい肌になりそうです。遺伝は恐ろしいなと思いました。

ご存知かもしれませんが、ニキビはアクネ菌のせいでできるので、例えばフェイスタオルやメイクに使うスポンジなどを他の人と共有で使用していたり、直接肌が接触してほったらかにして洗わずにいると、ニキビがうつってしまうことがあるので注意が必要です。また、手で自分のニキビを触った後で、他の場所を触ると、そこにもニキビができる可能性があります。

顔にできたニキビが炎症を起こした場合、顔を洗おうとした時などにちょっと指が触れただけでも痛みがあります。ですから、ニキビが炎症を起こしている時には、いくら気になっても絶対に指で触らないでください。触ってしまうと痛いだけでなく、雑菌が指から入って、もっと炎症がひどくなる可能性があるのです。

角栓で毛穴が詰まることが、ニキビをつくる原因のひとつなのです。気になるのでつい角栓を指でつぶして出しちゃったりすると、そこがニキビ跡になる原因となってしまいます。角栓をつくらないように、それを悪化させないようにするには、しっかりした保湿をすること、毛穴に皮脂が詰まらないようにすることが、必要不可欠です。

ニキビができる理由のひとつに、乾燥も含まれます。原因は肌の余分な油脂なんじゃないの?とびっくりしている人も多いのではないでしょうか。もちろん、余分な油脂によっておこる毛穴の詰まりも原因のひとつなのは間違いありませんが、だからといって逆に油脂を落としすぎてしまうと、今度は肌の乾燥がひどくなり、それがニキビができる元凶となってしまいます。

繰り返しニキビができてしまう場合は、単に今あるニキビを治すという考え方を変えて、ニキビの本当の原因は何かを突き止めて、それにあったケアがしなければなりません。なぜニキビが繰り返されるかというと、ホルモンバランスが崩れたり、食習慣が乱れたり、合わない化粧品を使うことによって肌が荒れてしまっている等、様々なことが原因として挙げられます。繰り返されるニキビの根本的な原因を知った上で、あなたに合うケア方法を選びましょう。

ニキビ跡としてよくある悩みが、肌にくぼみができてしまうことや肌に黒い跡が残ってしまうことです。クレーターの悩みは専門の医療機関である皮膚科で診察を受けないとなくすことはできませんが、黒ずみについては美白効果のある化粧品で少しずつ薄くするという方法もあるのです。

最近はニキビケア専用の洗顔フォームや化粧水など、ニキビに効き目があると宣伝されている商品がドラッグストアなどで販売されています。でも、商品がたくさんあるため、自分自身のニキビに合う商品を発見するのは困難を極めます。サンプルなどがが配られていれば試供品を使ってみて自分の肌に合えば買うようにするとよいと思います。

ニキビは何度も繰り返しできやすい肌のトラブルとなっています。症状が治まったからといって不摂生や暴飲暴食などを行っていると、すぐに繰り返しできてしまいます。ニキビの再発を予防するには、肌の清潔な状態を保つようにし、不摂生な食事をせず、たっぷりと睡眠を取る事が大事だと思います。

ニキビは食べ物と密接にかかわっています。食生活を健全にすることはニキビが減ることにもつながります。食生活は野菜中心のメニューに変えて、ビタミンやミネラルをじゅうぶん取る努力をしましょう。食物繊維が多く含まれる野菜は、便秘解消という観点でも、ニキビの改善につながります。